究極のアンチエイジング 金の糸特集

究極のアンチエイジング 金の糸特集

今より10歳若返ることができる金の糸美容術

究極のアンチエイジング 金の糸特集 » 金の糸美容術を徹底解剖 » 金の糸を使うのに適した年齢はいつ?

金の糸を使うのに適した年齢はいつ?

「金の糸」の利用、施術することによって様々な効果を得ることが出来ます。

その効果は様々で肌のハリやコンディションを整えるためや、今後のために肌のメンテナンスを行う人もいれば、小じわやほうれい線などを隠すためや艶を取り戻すために利用する人もいます。

そんな金の糸ですが、実際に施術するタイミングは何時が良いのでしょうか?

年齢によって効果や狙いの違いなどをまとめました。

これからのコンディションを考える20代

20代の女性

20代で金の糸の施術はまだ早いのでは?と思う方もいるかもしれませんが金の糸を使うのに早すぎるなんてことはありません。

大人ニキビやストレスなどの影響を特に受けやすい20代では肌のバランスが崩れがちです。肌のコンディションを最適な状態に保つために金の糸のリフトアップをして今後訪れる30代や40代に備えての下準備を始めていきましょう。

また、金の糸を埋入することで毛細血管や免疫細胞など埋め込んだ金の糸の周りに集まってきて、新陳代謝がアップする効果もあります。

少しずつ衰えていく30代

30代に入ってくると肌の衰えが目に見えて目立ってきます。疲れがなかなか取れない、社会の荒波にもまれる、初めての子育てによるストレス等、人によって理由は様々ですが多くの方が、肌年齢の上昇を実感してくる年代が30代です。

この時期には特に、目元の小じわやほうれい線などピンポイントに出てくる年齢相応の箇所の施術が人気となります。

20代から引き続いてまだまだハリが残っている年齢ではありますが、この頃から肌年齢と実年齢にずれが出てきます。

早めに金の糸によるリフトアップ施術を行うことによって少しでもハリや若さを保ったまま40代に入ろうという方達が多く施術されています。

実際にこの辺りでの肌のメンテナンスが40代以降のツヤやハリに大きく左右するとも言われていますので、より敏感に手入れをする必要があります。

昔のハリを取り戻す40代

40代では本格的なハリを戻す施術がメインとなります。

小じわやほうれい線が30代の頃よりもくっきりと出始め、そういった年齢の出やすい所に施術を行い、ふっくらとさせ実年齢より若いハリや透明感を出すことが出来ます。

垂れてきた肌に弾力やツヤをリフトアップすることによって若々しい肌を作ります。

40代になると女性は肌年齢だけでなく、女性ホルモンの分泌が徐々に減少していきます。

女性ホルモンに含まれる「エストロゲン」はコラーゲンの生成を促す作用や、美肌を手伝う働きに加えて脳や骨などの健康も守ってくれます。

さらに、紫外線の影響を一番受けやすいのがこの40代の時期です。

今までに浴びてきた紫外線の蓄積に加えて、新たに紫外線を浴びてメラニンが生成され、それがシミとして肌に現れてきます。

そういった年相応の衰えに対して金の糸のリフトアップを行うことで実年齢より若い肌を手に入れることができます。

20代~30代の頃の施術は今までの下準備や肌のメンテナンスという面が大きかったですが、40代からは本格的に「若さを取り戻すための施術」がメインになります。

まだ遅くない50代60代での施術

年配の女性

50代や60代になってから金の糸を知った。リフトアップしてみたい。という方もいるかもしれません。しかし肌年齢も実年齢も非常に高くなっていて施術に耐えられるかどうかと言った心配事が出てくるかもしれません。

金の糸のリフトアップでは年令によって施術ができないということは殆どありません!

60代になってでも施術する方はいます。そう言ったからはやはりシミやくすみが目立ちそういった部分を気にされる方が多いです。

もう手に入らないと思いがちなハリのある肌を再構築してくれます。

50代・60代になるとターンオーバーも遅くなり、敏感になってしまうため、一度肌トラブルが出るともとにはなかなか戻らないです。

毎日のスキンケアやメンテナンスでも年齢にはなかなか勝てずに衰えていく方が多いのではないでしょうか。

もちろん、毎日の肌メンテをしていることは前提になりますが、そういった部分では補いきれない、まかないきれないものがこの年代になると現れてきます。

そういった「まかないきれない部分」を金の糸による施術を行うことによって肌年齢を下げ、メンテナンスを行いやすくする効果があります。

リフトアップをするのは何歳ごろがオススメ?

良く金の糸を利用するのは何歳ごろがオススメなのかという事を気にする方がいらっしゃいますが、どの年代でも金の糸の施術はおすすめできます。

20代~30代のような若い年齢の方の場合、少し気になるところをピンポイントの施術を行い肌全体のメンテナンスを行いつつ将来に向けての肌年齢づくりを。

40代からは特に顕著に見られる肌年齢の低下を抑え、持続したハリやツヤを手に入れるための施術をする方が増えてきます。

50代以降では化粧などで隠しきれなくなった、「たるみ」や「くすみ」をリフトアップの施術によってハリを取り戻すために行う方がいます。

金の糸の施術では若い頃に施術をしたからと行ってデメリットはありません。

トラブルがあまり見られない状態の肌でもリフトアップをすることによって現在の肌年齢を継続したまま次の年代へ入ることが出来、若々しい肌を続けられることが出来ます。特に30代から施術をしていると40代、50代に入った時、金の糸を施術しなかった人に比べると、圧倒的に肌の衰えが少なくなります。

金の糸はどれくらい持つの?

効果の持続時間は人によって個人差がありますが10年から15年とかなり長い間効果をもたらしてくれます。また、効果が鈍くなっても0になることはほぼ無いので肌年齢の衰えにブレーキを掛けてくれることは間違いありません。

継続しての施術やメンテナンスが難しくとも年代が変わる時期。10年ごとに施術を受けなおして長い間若々しい肌を維持し続ける方もたくさんおられます。

まとめ

金の糸のリフトアップはどの年代、どのタイミングがベスト!というものはありません。

どの年代で施術をしても「その年代にあった最高の肌年齢の提供を手助け」することが出来ます。

肌のハリやトラブルなどで悩んだ方は、まず一度金の糸の施術について調べて、お医者様の話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 
ページの先頭