究極のアンチエイジング 金の糸特集

究極のアンチエイジング 金の糸特集

今より10歳若返ることができる金の糸美容術

究極のアンチエイジング 金の糸特集 » 金の糸美容術を徹底解剖 » 金の糸の適応部位とは?

金の糸の適応部位とは?

金の糸を皮膚の下に埋め込むことで、アンチエイジング効果が得られる。そんな美容方法があるのをご存知でしょうか。

金の糸=ゴールデンリフトとも呼ばれる美容術で、純金の細い糸を使って体の新陳代謝を活発化させ、ターンオーバーの促進の効果から、シミ・ソバカスなどの改善や美白効果が得られます。

今回は「金の糸」が、体のどの部位に対して施術できるのかについてご紹介していきたいと思います。

金の糸が施行できる部位について

首筋

首

首筋というのは年齢とともに、肌のハリがなくなってしまいシワが目立ってきます。その皮膚のたるみによって、シワができ、見た目が気になってくる人は多いと思います。老化というと顔などに意識が行きがちですが、実は首の線も老けて見える原因の一つです。

首に金の糸を施術すると、半年ほどの時間をかけて小じわの改善や首の皮膚にハリが出てきます。金の糸を入れることによって、年齢とともに起こる老化の予防にも効果的と言われています。

キメが整うことで、なめらかな肌になることも期待できます。

20代の後半になってくると、少しずつ人の肌は老化を始めていきます。表情筋などが衰えてくることで頬にたるみが生まれ、ほうれい線なども目立ってきます。

30代の女性の方でも老化予防を目的として、金の糸の施術を受ける人も少なくありません。

頬周りを施術することでリフトアップや小じわ、たるみの改善と予防が期待できます。頬のたるみは、見た目の年齢が高く見られる要因の一つになっています。

さらに、金の糸は今現在の肌を若返らせる効果と、これからの老化していく肌を若く保つための予防効果と期待できますので、効果も持続的に長期に続きます。

顔全体

金の糸は施工する範囲や部位で金額が変わってくることが多いです。顔全体に行う場合は、30万円ぐらいから高いところで70~80万円ほどかかります。

顔全体に行う場合は、美白効果、肌のハリを出す、たるみの改善と予防、軽いリフトアップなどの効果を期待して行われている人が多いです。まだそんなに老化してないのに?と見える若い方でも、将来の老化予防のために受ける人もいるようです。

さらにニキビ跡、これは大人ニキビを繰り返して、残ることがありますが、金の糸を施行することで、肌の新陳代謝やターンオーバーの正常化の効果も期待できますので、ニキビ跡にも効果があると言われています。

腹部・臀部

腹筋

顔や首筋などに、金の糸を使用することが多いですが、お腹部や臀部に金の糸を施術することもあります。

基本的に求められる効果は一緒で、「たるみ」などの改善効果が期待されます。施術の内容も同じで、格子状に埋め込むことが一般的です。

顔や首筋に比べると目立ちにくい腹部や臀部ですが、女性の方は特に、妊娠や出産を経験することで、緩んできやすい部位です。メスを入れる手術もある中、金の糸は針を使って行いますので、跡が残りにくいと言われています。

腕、手

年齢を重ねるごとに、腕や手にも老化の症状が見られてきます。しわやたるみ、シミ、顔や首同様に様々なトラブルが起こります。

腕や手にも同じように金の糸を入れることで、肌のトラブルに対して効果を発揮します。

ここまでを考えると、体全体ほとんどの部位に「金の糸」は使用できることがわかります。

金の糸を施術した後はどうなる?

金の糸の手術は日帰りで行えます。入院なども必要ありませんので、カウンセリングを受けたその日にできる病院もあります。どの部位を手術するにあたっても、入院を行なって手術をする、というところは少ないようです。

術後には少し腫れる人もいますが、個人差があってごくわずかな人も多いです。麻酔はクリームや局所麻酔薬を使って行われることが多く、手術から一日で多くの腫れは引いていきます。そのため、部位によっては気になる人もいるかもしれませんが、比較的早期に気にならなくなります。

シャワーなどは当日からでも可能であり、洗顔もできます。なので、あまり安静を強いられる手術とは異なります。

しかし、小さいですが、皮膚に針を複数箇所刺しますので、洗顔でゴシゴシと洗ったり、過度の運動、長時間の入浴を行うと、腫れが出てくる可能性もあります。

そのため、手術から2〜3日は体の血行が良くなるような生活を避けましょう。顔のマッサージなどは避けた方が無難です。

まとめ

「金の糸」が施工できる部位は、体全体に及びます。一般的には顔や首すじを行う人が多いですが、腹部や臀部のたるみ、太もも、腕にも行うことは可能です。

しわやたるみだけでなく、金の糸の影響でアンチエイジング効果や、老化を防止するような効果を得ることができます。

術後の制限も少なく、日帰りでできる手術ですので、時間や労力がかかるものでもありません。(副作用は少なからずあります。)

また、手術後は大きな制限は無いものの、注意点はいくつかありますので、施術を受ける人はしっかりと理解してから受けることが大切です。

 
ページの先頭