究極のアンチエイジング 金の糸特集

究極のアンチエイジング 金の糸特集

今より10歳若返ることができる金の糸美容術

究極のアンチエイジング 金の糸特集 » 金の糸美容術を徹底解剖 » 金の糸による失敗例と失敗しないための対策

金の糸による失敗例と失敗しないための対策

いつまでも若々しく、ハリのある肌でいたいという人に人気がある金の糸は、美容整形外科など美容系のクリニックで受けることができる若返りの施術です。

金の糸は、ゴールデンリフトとも呼ばれており髪の毛ほどの細さで純度が高い順金の糸を顔や首などたるみや年齢肌の悩みが出ている部分に埋め込んでいくとリフトアップなどの効果があります。

金の糸を表皮の下にある真皮層に格子状に埋め込みます。

メスを使って皮膚や筋肉を切り引き上げるタイプの美容整形手術とは異なり、皮膚を切らずに針で施術を行うことができるので、手術が怖い人や整形手術をすることに抵抗がある人などに人気があるプチ整形のひとつです。

リフトアップなどの効果を実感することができると人気がありますが、失敗例もあるので信頼できる技術力が高いクリニックを選んで、納得してから金の糸の施術を受けるようにしましょう。

金の糸の効果

biyou

たるみやしわ、ハリのなさなどが気になる人に人気がある金の糸は、肌の奥にある真皮層に髪の毛ほど細さの純金の糸を格子状に埋め込んでいく施術で、金の糸を皮膚の下に挿入するときにとける糸を補助糸として同時に埋め込む方法を取り入れるクリニックが多いようです。

金の糸を皮膚に埋め込むことで糸の周辺の組織がダメージを受けるため、傷ついた組織は回復しようと創傷治癒と呼ばれている傷を自分で修復しようとする働きや金の糸を異物として認識する免疫反応などが働きます。

肌のハリやしわ、たるみの改善やシミやニキビ跡などの美白効果、加齢とともにたるんで開いていくケアなの改善など、肌全体の若返り効果を期待することができる施術です。

金の糸で若返り効果が期待できる理由

皮膚が傷を治そうとしたり、異物を体外に排出しようとしたりすることで真皮層のコラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。

コラーゲンやエラスチンは、肌にハリや弾力、つやなどをもたらす成分なので、金の糸を肌の下に挿入することによって、自分の力で美肌成分を肌の中に増やし、肌にはりや弾力を取り戻し、たるみが改善され若々しい素肌になることができるというわけです。

金の糸の施術時間とダウンタイム

肌全体の若返りが期待できるとエイジングケアをしたい人に人気がある金の糸の施術時間は、金の糸を入れる量と施術範囲によっても異なりますが、消毒や麻酔などと合わせて顔と首で約1時間程度が標準です。

施術後には、腫れを抑えるためのクールダウンとして肌を冷やし、麻酔の影響を考えて2~3時間程度の休憩をします。

ダウンタイムには個人差がありますが内出血が生じる場合があり、軽い内出血は2~3日程度、目立つ内出血でも10日から2週間程度で落ち着きます。

金の糸の副作用

肌の下に金の糸を埋め込み、肌のハリや弾力をアップさせる効果が期待できる金の糸の施術は、安全性が比較的高い施術ですが、肌に異物を挿入するため副作用が生じることがあります。

金の糸を肌に埋め込むことで生じる可能性がある副作用のひとつが金属アレルギーです。糸を埋め込んだ顔や首に腫れや赤みがでたり、金の糸の先が肌の表面に出てきてしまったりする症状があります。

金属アレルギーが分かっても格子状に張り巡らされ、次第に断片化していく金の糸を皮膚から取り除くことは大変難しいため、事前に金属アレルギーのパッチテストを行う必要があります。

また、異物を挿入しているために慢性的な炎症が起こり、炎症によって腫瘤が生じる異物性肉芽腫ができることや金属が皮膚に入っている状態になるためレーザー治療を受けることができないなどがあります。

金の糸の失敗例

若々しくはりのある肌になるために金の糸の施術を行い、きれいになることを目指していても失敗する場合もあります。

金の糸の失敗例としては、糸が皮膚の表面や外側に出てきてしまい見えてしまうことや皮膚が引きつって表情が不自然になってしまうこと、糸が透けて見えてしまうことなどがあります。

また、肌の表面がぼこぼこになって、効果を実感することができないこともあります。

金の糸が透けて見える失敗例

金の糸の施術を受けてダウンタイムが過ぎ腫れや赤みが引いてから、肌の下にうっすらと金の糸が透けて見える失敗例があります。

金の糸は、皮膚の表皮の下にある真皮層という場所に埋め込む施術ですが、正しい位置よりも表面の方に浅く金の糸を埋め込んでしまうことで糸が透けて見えてしまい、不自然になることがあります。

肌の表面がでこぼこになってしまう失敗例

金の糸を皮膚の真皮層に挿入するときに熟練度が足りない場合、皮膚にでこぼこができてしまったり、つっぱる感じになってしまったり失敗例があります。

金の糸はとける糸ではないので、一度皮膚に埋め込むと一生金の糸が皮膚の中に入っている状態になるため、でこぼこやつっぱり感とも一生付き合っていくことになります。

金の糸は次第に断片化していくため、皮膚にできたでこぼこの形や位置が変わり、つっぱり感が軽減することがあります。

純金ではない金の糸を使うことによる失敗例

金の糸は、皮膚の内部に埋め込むことで組織が傷つき、傷を治そうとする働きや異物として認識し異物を排除するための免疫反応によって美容効果を得られる施術ですが、使用する金の糸の純度が低い場合感染やアレルギーの可能性が高まります。

金の糸は純金を使うことが大切ですが、純度が低い金の糸を使用すると肌が過剰に反応して赤みや腫れなどのアレルギー反応や感染の可能性が高くなります。

金の糸の効果を実感できない失敗例

肌の下に異物である金の糸を埋め込むことで傷ついた組織は、コラーゲンなどの生成が促進され肌にハリや弾力が生まれる金の糸の施術は、もともと肌にはりがある場合には効果を実感しにくいため施術が適当かどうかを判断する必要があります。

施術が適当かどうかをきちんと判断したり、効果を実感することができない可能性があることを伝えたりせずに希望があるからという理由で施術をすることが原因で生じる失敗例です。

また、肌内部の傷が治ってしまうとコラーゲンの生成は正常に戻り、肌の状態も次第に施術前と同じような状態に戻ります。

金の糸の仕組みと効果についてしっかりと説明をしなかった場合に、効果が持続することを実感できないということになる失敗例になります。

金の糸の失敗を防ぐための方法

medical

しわやシミ、たるみによる毛穴の開きなど年齢肌の悩みが気になる人に人気がある金の糸は、メスを使って皮膚を切らずに若返りの効果を期待することができるプチ整形として大変人気があります。

肌の内部でコラーゲンなどの弾力にかかわる成分を増やすことができるため、細かいしわやシミ、ニキビ跡やたるみによる毛穴の開きを改善して若々しいハリのある肌を取り戻すことができることが人気の理由です。

比較的安全性が高く、ダウンタイムも短い施術なので気軽に受ける人が多いのですが、技術的に未熟な医師が施術を行うと金の糸が透けて見えてしまったり、肌にでこぼこやつっぱり感が出てしまったりという失敗をすることがあります。

金の糸の失敗を防ぐためには、金の糸の施術の症例数が多く、実績豊富で熟練した技術がある信頼できるドクターを選ぶことがとても重要です。

しっかりとカウンセリングや診察を行い、丁寧に説明してくれるドクターを選ぶことも失敗を防ぐためのポイントです。

 
ページの先頭