究極のアンチエイジング 金の糸特集

究極のアンチエイジング 金の糸特集

今より10歳若返ることができる金の糸美容術

HOME » 金の糸(ゴールデンリフト)入門 » Q&A

Q&A

金の糸美容術についてのよくある質問を、効果に関する質問、施術に関する質問、副作用や術後の注意に関する質問、の3つにわけて答えていきます。

効果に関する質問

Q1.どんな効果があるの?

金の糸を皮膚(真皮)に埋入することによって、肌が自然に若返ります。
埋め込まれた金の糸の周辺に新しい毛細血管や免疫細胞が集まり、新陳代謝が向上。

肌細胞の再生が促進され、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの量もアップ。
肌のハリやキメが整い、シワやたるみ、シミやくすみなどの肌トラブルが解消されます。

Q2.どれくらいで効果が出るの?

金の糸を入れてから2~3ヵ月後には肌にハリと潤いを感じられるようです。
早い人だと、2週間ほどで効果を感じるケースもあります。
シワやたるみにも、1年ほどでかなりの効果が現れます。

Q3.効果はどれくらい持続するの?

一度埋め込んだ金の糸は、半永久的に効果を発揮します。
効果の出方には個人差がありますが、1~2年ほどで肌年齢は10歳ほど若返ると言われています。

Q4.効果の出やすい年齢は?

皮膚の再生力が落ちてきた40代・50代・60代に大きな効果が見られる美容法です。
とくに、40~50代は年々増える肌の悩みを解消するために受けているようです。
20~30代はキレイな肌を維持し、老化を防止するために施術を受ける人が多いようです。

施術に関する質問

Q1.処置にかかる時間は?

施術部位に局所麻酔をし、極細の針と注射器で金の糸を埋入するのに30~50分程度かかります。
顔全体であれば、40分程度で終了します。
入院の必要は無し、施術後は身体のコンディションを見てから帰宅できます。

Q2.金の糸は顔だけにしかできないの?

顔だけでなく、首・手・腕・お腹・バスト・デコルテ・ヒップ・太腿・背中など、全身に行うことができます。

Q3.術後の痛みや腫れはない?

神経と血管を傷つけないように金の糸を埋入します。
そのため、麻酔が切れた後でもさほど痛みはありません。
埋入する糸の量や個人差はありますが、腫れや痛みが残ったとしても1~3日でほとんどの症状は治まります。

Q4.メイクや入浴はいつからOK?

洗顔やシャワーは当日からOK。メイクも翌日から可能です。

施術当日は、長時間の入浴は避けた方が◎。
血行が良くなると、痛みや腫れがひどくなる可能性があるからです。
飲酒や、香辛料の強い食事も当日はNGです。

副作用や術後の注意に関する質問

Q1.金を身体に入れて問題はない?

純金は酸やアルカリに対して化学反応を起こしにくい安定した元素です。
人体とほぼ同じ性質を持っているため、アレルギー反応を起こすことはほとんどありません。

ただし、金属アレルギーのある人は、念のため事前にパッチテストを行い安全性を確かめておくと良いでしょう。

Q2.誰でも施術できますか?

基本的にはどんな人でも施術可能ですが、妊娠中の方はNG。
心臓・腎臓・肝臓に持病を持っている方、高血圧の方などは事前に検査が必要となることがあります。

Q3.術前の注意事項は?

麻酔の効果を安定させるため、施術前3日間は飲酒を控えます。
喫煙している方は、術前・術後1週間は禁煙をする必要があります。

Q4.術後に気をつけることは?

特別な注意事項はほとんどなく、術後すぐ日常生活に戻れるのが金の糸美容術の特徴です。
ただし、ハードなスポーツや過度なマッサージなどは1ヵ月ほど控える必要アリ。
また、術後の回復と効果を高めるため、喫煙は控えた方が良いそうです。

 
ページの先頭